プレハブ建設・プレハブ住宅・中古プレハブはお任せ下さい

映画2本立て!

15/08/24 14:09

皆様、お疲れ様です。

ここの所、涼しい日が続いておりますね〜。
気温の変化がある時期なので、体調に気を付けてお過ごし下さいマセ:sinme:

さて、夏休みも終わり、どこかに行かれた方も多いと思いますが、
私は映画映画を2本観てきました:wink:

1本目は「バケモノの子」です。

ひとりぼっちの少年九太と、バケモノ熊徹との物語です。

ふとしたことからバケモノの世界に迷い込んだ九太は熊徹と出会い、
共に生活をするようになり、最初は喧嘩ばかりだった二人が、
本当の家族のようになっていきます。

九太の少年期の吹き替えを担当したのは宮崎あおいさん。

 

 

 

 

 

 

青年期を担当したのは、染谷将太さん。

 

 

 

 

 

 

熊徹を担当したのは、役所広司さん。

 

 

 

 

 

 

九太の成長を見守ってくれていた、百秋坊と多々良を担当したのは、
リリー・フランキーさんと大泉洋さん。

熊徹はずっと一人でしたが、九太と出会い、素の自分を出し合っていく事で、
共に成長し、親子のようなかけがえのない存在になってゆく
とても素敵なストーリーでした
:wa-i:

誰も泣いていませんでしたが、私は一人号泣してました:hamster_4:
私はとても良かったと思います:naku:

主題歌はMr.childrenさんのstarting Over。
シングルとしては発売されておらず、
アルバムREFLECTIONに収録されているようです。 
いい曲でした:lovelove:

 

2本目は「インサイドヘッド」です。


毎年夏休みに実家へ帰省すると、映画に行くのが我が家の恒例行事で、
母と姉と行きました。

行ったら子供ばかりで、大人が連れ立って行くのは少々恥ずかしかったです :ga-n:

ライリーの頭の中の感情たちが奮闘する物語です。

感情を喜び・悲しみ・怒り・イライラ・ビビりの5つに分け、
ライリーの成長を見守っていきます。

 

 

 

 

ヨロコビさんが、ひたすら頑張っているのに、
カナシミさんがジャマをしてしまうので

ヨロコビさんはイライラせず偉いなぁと、マイナス思考の私は
感心してしまいました
:upup:

ただ、大人が観るにはやっぱり少し物足りなかったかな…と思いました。

テーマソングはドリカムさんの愛しのライリー。
アナ雪ほどじゃありませんが、やっぱり子供は口ずさんでいました
:shock:

気になった方はぜひご覧あれ:hoshi1:

 

 

友蔵

Post a Comment